1-2014-09-27 10.34.16

9月27日(土)、三毛門の善正寺さまでれんけんの開講式が行われました。

「れんけん」とは愛称で、連続研修会のことをいいます。

1-2014-09-27 12.34.54 1-2014-09-27 13.28.33

おつとめの仕方や、作法などの指導も行われます。

1-2014-09-27 14.40.34

 

そして、なんといっても特徴的なのが、話し合い法座の形をとっているということです。

普段のご法座では聞きっぱなしで終わることがほとんどなのですが、れんけんでは、参加者自身が話せる時間を設けています。

講師の話を聞いて、それについて思ったことや、テーマについて考えたことを話し合ってもらいます。

そうすることで、自分で勝手に理解していたことが正されたり、わからなかったことが、相手の言葉によって、すーっと入ってきたりします。

最後には、講師のまとめがあるので、勝手に話して、勝手な思いで帰るということもありません。

1-2014-09-27 15.15.59

 

ぜひ、興味を持たれた方は申し込んでみてください。

全12回なので、長丁場ですが、友達もできるし、みなさん楽しいみたいです。

終わってからは、同窓会のようなものもあるみたいです。

 

ぜひ、お元気なうちに!

 

法座のあとに、車座になって僧侶も交えてみんなで座談会をする。

昔は頻繁に行われていたようですが、今ではほとんど目にすることがありません。

こういうスタイルが今後大切かなと思いました。

大江 英崇
僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!