1-2014-09-16 14.20.29

1-2014-09-16 14.52.08

9月の秋のお彼岸のご講師は山口県の布教使の上原泰教 師 でした。

この先生、なんと、87歳!

まったくそんな歳には見えない豪快なお取次ぎです。

 

声は大きく迫力があり、眼力もするどい。動きも軽快です。

初めて聞く方にはたいへんインパクトのある方だと思います。

お説教のイメージがガラリと変わるかもしれませんね。

 

聞くところによると、昔は、柱にしがみついてセミの鳴き声をやってみたり、本堂を端から端まで走っていたり、

立った状態から飛び跳ねて、そのまま正座をするということもされておられたそうです。

す、すごい…。

 

ご門徒さんたちも、お腹を抱えて笑いながらお説教を聞かれていました。

法要が終わって、お月忌にいったところでは、

「話しがうまいね。寝る暇がなかったよ。」とおっしゃる方もおられました。

 

次回は3年後。御開山、親鸞聖人さまが往生された歳、90歳でのお取次ぎです。

先生なら変わらず元気な気がします。

 

私も、そういう歳までお取次ぎができたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

大江 英崇
僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!