ふとつけたテレビで、イギリスの幼稚園か保育園の様子が映っていた。

どうやら5歳児を追っかけたドキュメントのようだ。

隠しカメラやマイクなどで、子どもたちに迫り、

リアルな会話や行動を大人たち(学者さん)

が別室で見ているというものだった。

 

子どもたちが大人っぽい部分を垣間見せたり、

途中には子どもたち自身のインタビューがあったり、

ずいぶんウチの子たちと違うなぁと、少しおかしく、感心しながら見た。

 

吹き替えだったこともあって、ウチの子たちと一緒に見たのだが、

同じような年齢の子が出ているからか、みんなテレビの前にくぎ付け。

後ろから見ていて、ちょっと面白い光景だった。

 

そのテレビの中、ある場面に興味をそそられた。

 

その場面とは、女の子2人組が、

おままごとで、お医者さんごっこをしているシーン。

一人はベッドに寝そべり患者役を。

一人は白衣と聴診器を持ったお医者さん役だった。

 

お医者さんの女の子が言います。

「一週間前にレントゲンを撮ったでしょ?実は…悪いお知らせがあります。」

「死ぬかも。死ぬかもしれません。」

その言葉に、患者役の女の子は、

「え!?」という反応。

おかまいなしに続けて医者役の女の子が言います。

「いいことをすれば天国に。悪いことをすれば地獄に行きます。」

「天国はいいですよ。天国!いいところですよ!」

との言葉に対して、患者役の女の子は、

「まだ子どもなのに!!」と目を見開きびっくりした様子で、オチとなった。

 

おままごとのはずなのに、途中から本気のような感じになっていくのと、

どこで仕入れたんだという、ぽい言葉。

すこしカルト的な雰囲気を醸し出していたお医者さん役と、

患者役の女の子の反応がとてもおかしいシーンだった。

 

だけど、この場面を見て、ふと思ったことがあった。

 

「死ぬかもしれません」という告知直後の、

「天国いいところですよ!」という、

医者が処置をせず、すぐに死後を語るという

とてもシュールな場面なのだが、

 

死ぬという苦しみを受け止めずに、無視して、

死後の世界がいいところ!と言うのは怖いなと思ったのだ。

 

聞いている側からしたら、

この人怖いって思うはずだ。

 

医者役の女の子が言っていることは、

正しいかもしれないけど、

これから死んでいく(設定の)患者役は、

気持ちの整理もついていないのに、

死後の話??

ちょっとまってよ!となるのは当たり前だ。

 

このことを考えて、少しドキリ。

 

ぼくも法話でもこういうことをしていないだろうか?

相手の気持ちをすっとばして、

自己満足な論理を展開していないだろうか?

 

このあたりは、よくよく考える必要がありそうだ。

そんなことを5歳児に教えてもらった、34歳の夏。

 

5歳児、あなどるなかれ。です。

 

■大江英崇 SNSアカウント

下記ボックス内のSNSマークをクリックしてください。
※友達申請/フォローはお気軽にどうぞ。
一言メッセージいただけると嬉しいです。

 

 

大江 英崇
僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!