1-2014-11-16 17.09.28

賢明寺、お寺カフェの第一回目が11月16日に行われました。

前日にれんけんが入っていたので、充分に準備できず、当日もあたふたしておりましたが、

なんとか開催にこぎつけることができました。

 

10月の仏教婦人会の時に、みなさんに案内をして、お月忌で趣旨説明と、案内を配って、

少しずつ宣伝していきました。

どれぐらいの方が来られるか心配でしたが、11時の開店と同時にまずは、数名おこしくださいました。

 

その後も、みかんをおみやげ用に持ってきて下さるかたがいたり、お弁当や、お抹茶セットを持ってきてくださる方が

いたりと、だんだんとにぎわってきました。

お昼前には、「もう、はじめてるよ~。」と、みなさんで一か所に集まってお弁当を広げられ、

カフェ風のBGMの中でまったりと過ごされていました。

1-2014-11-16 11.45.47

1-2014-11-16 11.46.02

1-2014-11-16 11.47.22

1-2014-11-16 12.09.26

お抹茶を立ててくださいました。

1-2014-11-16 12.12.37

手作りのおにぎりです。里芋が入っていておいしかったです。

1-2014-11-16 13.39.44

みなさんでおしゃべり。

1-2014-11-16 14.05.20

写経されています。

1-2014-11-16 14.29.34

1-2014-11-16 14.29.50

仏教書を中心にいろいろな本も用意しています。

1-2014-11-16 14.29.59

結局、全部で15名の方が参加されました。

11時から15時ぐらいまでが一番人が多かったようでした。

 

途中、ご門徒さん以外の若い親子(お父さん、お母さん、子どもさん)も参加してくださいました。

お寺カフェをやっていたから来られたのか、やっていなくても来られたのか、わかりませんが、

少し希望が見えたような気がしました。

 

地域の活動でも高齢者向けに、集まりがありますが、お寺というのは、もともと町内単位ではなく、近い地域であっても、

様々な町内の人々から構成されています。

これが当たり前のようになっていますが、意外とすごいのではと私は思っています。

ですので、お寺でこういう催しをすると、より広い人間関係が結べるのではと思うのです。

 

そして、さらには、阿弥陀様がおられる空間がそうさせたのでしょうか?

ご主人を亡くされてから、自らが、お聴聞するようになった、ご講師さんとの出会いの話をされている方もいました。

 

このあたりに、お寺でする意味合いがあるのではと感じました。

 

最後にお取りしたアンケートを見ますと、

「みんなでお話できて楽しかった」という意見が多かったです。

 

また、「顔は知っていても名前を知らない人がいるので、名札があるといい」

といったような、門徒さん同士でも、よく知らない人がいるということがわかりました。

 

お寺カフェを通じて、新たな縁が広がっていくといいと思います。

 

この賢明寺お寺カフェでは、料理のメニュー、ドリンクのメニューがあるわけではないのですが、

いろんな人と話したり、本を読みながらゆっくりしたりという、

時間と場所を楽しんでくださればいいなと考えています。

 

どなたでも来ていただけますので、ぜひ、足をお運びください。

次回は12月21日の11からの予定です。

おたのしみに!

大江 英崇

僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!