あるイベントで苺の苗をもらった。

プランターに入れて育てたところ、一年越しで実がなったのが、昨年。

それも収穫して、枯れてしまって終わりかなと思っていたら、

今年、また芽が出て、花が咲き、実がなった。

おー、苺ってけっこう強いのね。

直近の成長記録

最初は小さかった、白い実がだんだんと…

色づいていき、収穫。

マクロレンズで撮ると、粒粒の様子と、うぶ毛のようなものが見えた。

苺ってけっこう毛深いのね。

そして、ぱくり!

「おいしいねぇ」

「うん、おいしいねぇ」

そうだろう。そうだろう。自分たちで育てたのだから。

 

子どもたちも学校や保育園から帰ってくると、真っ先に境内のプランターに向かい、

嬉しそうに収穫をしていた。

「お姉ちゃんの分だからとっておく」

とか、ちゃんと我慢もできていたようで、親としては嬉しい限り。

 

こうやって実際に成長過程を見るというのは、いいことだなあ。

果たして、来年はどうだろう?

また実ができるといいね。

大江 英崇
僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!