人と心のよりどころ。浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺「賢明寺」の公式ホームページです。伝統を大切にしながらも様々な新しい活動を通じて、仏法の暖かさと喜びを伝える「古くて新しいお寺」です。葬儀・法事のご相談・ご依頼も受け付けております。日本最後の城、幻の「旭城」の一部を移築した山門もございます。

賢明寺には、本堂とつながって屋内に納骨堂があります。
近年、利用者が増えてきています。
以下は賢明寺の納骨堂の様子と説明です。

納骨堂とは?

納骨堂とは、遺骨を安置できるスペースの集合体のことで、ひとつひとつを基檀(きだん)と呼びます。一見すると背の高いお仏壇のようです。
特徴としては、多くの場合上下二段に分かれており、上段はお仏壇のような形をしていますが、下段には遺骨を収納できるスペースがあり、お墓のような形で利用されるものです。

意味合いとしては、お墓と同じですが、先祖供養ということだけでなく、仏さまになられた亡き方をご縁として、阿弥陀様、釈尊、親鸞聖人の教えに遇(あ)わせていただく場として機能していきます。
つまり、教えをわが身にいただき、それに感謝をしていく場にもなりますから、家族や縁あるもの皆で、手を合わせて大事にしていくものになります。

その納骨堂の利用が増えているのには、
次のような理由があると思われます。

納骨堂を取り巻く現状(実際に利用の方、ご門徒の方の声)

  • お墓の場所が山手で物理的にも、気持ちの上でも行きにくい所だったり、、自宅から遠い所にあり車に乗らないといけない。
  • そのため、お参りの足が遠のいている。
  • 草刈などの整備が大変。高齢の方にとってはキツイ。
  • 豊前地域では○○家代々のお墓として利用される方が多い。

お墓やお仏壇を持たれない方も増えていると聞きますが、
私たちのご先祖方が大切にし、残してくださった、亡き方をご縁とし、
仏さまに手を合わす伝統を大事にいたしましょう。

以下は現在募集中の納骨堂基壇の様子です。見学受け付けております。



賢明寺納骨堂のメリット

・屋内ですので、雨の日でも安心。
・お墓では面倒な草引きの手間もありません。
・本堂がすぐそばなので、ご本尊(阿弥陀様)にもお参りしやすい。
・個人で利用できるロッカー式のものもご用意しています。(一人用)
・お骨の保管がしやすい。(周りの環境にあまり左右されない)

賢明寺だけに限ったことではありませんが、購入にあたって考えておくべきこと(デメリット)も書いておきます。

一般的なデメリット

・管理費がいる場合がある。
・屋内型の納骨堂だと将来、建物の建て替えが必要となる。
(ずいぶん先のことだと思いますが。)
・お寺にまかせっきりになってしまう。
・防火上、ろうそくがつけられない場合がある。

以上を踏まえて納骨堂についてお考えくださいませ。

 

賢明寺では2015年に16基、増設しました!
現在、空きなし。次回建設の予約待ちです。(2017年5月現在)
小さいロッカー式は空きがあります。

決して無理には勧めませんので、とりあえず、話だけでも聞きたい。見学だけでもという方も歓迎いたします。お早めに!

<必須条件>
 門徒などは問いませんが、浄土真宗である事。
 もしくはこれから浄土真宗になるという方。

 

お問合せ・見学予約はお問合せフォームまたは電話にて。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP