2014-05-23 16.02.27

2014-05-23 16.50.04

毎年、降誕会の時にあわせて、新一年生のお祝い会をしています。

お念珠を渡して、合掌礼拝の作法を学んで、

法話を聞きます。

 

小学生にあがっただけあって、キチンと正座をして、お話を聞いてくれます。

しかし、飽きさせずに話をするのはなかなか難しく、

まだまだ勉強が必要だなと思わされます。

 

今までは、法話を聞いたあとは、記念撮影をして、

お手伝いいただいた方にお礼を言い、

そのまま、お菓子を食べていましたが、

 

少しさみしい気がしたので、今年はゲームをすることにしました。

 

6月8日から日曜学校をすることになっているので、

そのプレ教室みたいな感じでできればいいかなと。

 

しかし、予定していたゲームはやり方が悪かったのでしょう。

私の先生がやっていたようには上手くいかず、

あせあせしながら、やっておりました。

 

それでも、終わった時には「まだやりたい!」と言ってくれる子もいたりして、

少しほっとしました。

 

お菓子を食べているときに子どもたちと話にいったら、

いつもより、子どもたちと距離が近いような気がしたので、

ゲームをやったかいはあったのかなと思いました。

 

6月の日曜学校。申込みが多いといいなぁ。

大江 英崇

僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!