1-2014-09-26 16.16.31

1-2014-09-26 16.19.04

 

9月28日(日)に、小今井潤治 翁 生誕200年祭がおこなわれました。

 

小今井潤治 翁 (法名:乗桂) この方は1800年代に活躍された、豊前の豪商であります。

ただ商才に優れていたというだけではなく、浄土真宗のお寺に相当の貢献をされました。

 

その功績は、宇島の教円寺や千束の正圓寺を私財をもって建立したり、病院を建てたり、

浄土真宗の僧侶養成学校を設立されたりしました。

 

人々のためになることをと、私財をなげうっていかれました。

本当にありがたいお方であります。

 

その懇志したお金を今とってあれば、大きな会社として、形が残っていたかもしれません。

豊前地域の活性化にもつながったのかなと思いましたが、反対に考えると、小今井さんが当時そうまでして、

この豊前地域、またはお寺を守ってくれたおかげで、今の私たちの生活があるのだろうと思います。

 

飢饉の際には、お米を人々に配り、それがなくなりそうになると、おかゆにして配ったという話も残っております。

そこから、今回、行われたイベントでは、おかゆの無料配布という企画もありました。

私もいただきましたが、なかなかおいしかったです。

1-2014-09-28 15.03.40

1-2014-09-28 15.06.27

1-2014-09-28 15.09.29

同時に行われていた、小今井潤治展です。

 

1-2014-09-28 15.57.34

1-2014-09-28 15.57.43

1-2014-09-28 16.03.22

 

できたら、毎年この方の法要、行事ができたらと思います。

大江 英崇

僧侶&ローカルWebメディア「ぶぜんらいふ。」編集長(http://buzen-life.com/) お寺と地域の活性を目指して日々奮闘中です。夢は豊前を仏教王国にすること。そのために、お寺を中心としたコミュニティ「お寺まちづくり」を推進中です!