福岡県豊前市のお寺が運営するWebライフスタイルマガジンです。

リニューアル!!お寺のHPを企業ページっぽい雰囲気から、Webマガジンにした理由。

リニューアル!!お寺のHPを企業ページっぽい雰囲気から、Webマガジンにした理由。

みなさん、こんにちは!

おてライターのHIDEさんです!お寺を楽しくする情報を発信しています。

 

いつもご覧いただいている方には今さらですが、賢明寺のホームページをリニューアルしました!!

 

デザイン変更自体は数時間で完了したのですが、古いサイトのものを新しいデザインに対応させるのと、記事数を増やす作業で、お知らせするのが、今になってしまいました。

(と、言いながらタイミング逃してしまっただけだったり…)

今回は、お坊さんの情報発信&ブロガーを増やしたいとの思いから、リニューアルにあたって、思ったことやホームページ制作、ワードプレスについて書いてみたいと思います。

現在、サイト運営されている方や、これから考えている方の参考になればと思います。

それでは、どうぞ!

リニューアルの要点

まず、リニューアルの要点ですが、以下の3点になります。

・デザインの変更

・企業ページからWebマガジンに。

・サイト&ブログカテゴリーをユーザーファーストで再考。

詳しくは下記で見ていきましょう。

デザインの変更をしました

デザインの変更に関しては、ワードプレスのテーマをbizvektorからLion mediaに変更しました。

●前のデザイン

こんな感じから…

↓↓

●新デザイン

こんな感じになりました!

 

「ワードプレスのテーマ?」って何?という方に説明しておくと、このサイトはワードプレスというブログ&ホームページ制作プログラムを使って製作しているんですね。

そして、そのワードプレスにはサイトデザインに関わる「テーマ」というものが用意されています。(無料や有料のものがあります。)

今回そのテーマを変更したということです。

簡単にいうと、模様替えをしたってことですね。

 

前回使っていたのはこちらのテーマ。

 

●bizvektor(ビズベクトル)

 

そして、新しくしたのがこちら。

 

●lion media

 

bizvektorはホームページビルダーから移行して、初めてちゃんとワードプレスを勉強したもので、結果2、3年使っていました。プラグインを使ってのトップページのウィジェット配置の自由度が高く、それなりに気に入っていたのですが、お寺での活動やWebの活動をする中で、表現したいことが変わってきたので、変更することにしました。

bizvektorの使い勝手まとめ

bizvektorをまとめると以下の通りになります。

●良かった点

・なんといっても無料!

・企業ページぽく、見やすくてよかった

・初心者にはいろんな機能がついていたので助かった

 

▼おしい点

・デザインがかっちりしすぎ。(最初はよかったのですが…)

・サムネイルの写真が小さい

・動作が重い

動作に関してはあまりよくない印象で、グーグルのスピードテストではかなり悪い点が出ていました。

Lion mediaの使い勝手まとめ

こちらが新しくしたテーマ。使い始めて1か月ほどですが、とてもいい感じです。

●いい点

・やっぱり無料!

・デザインがいい!

・メディアっぽい!

・最近のテーマの流行りにあった機能がついている

・動作が軽い!

変更するにあたって国産のくくりでかなりの数のテーマを見ましたが、無料でこれだけの機能とトレンドにも対応してるのって、ないと思います。すごすぎです!!

 

▼おしい点

・ヘッダー画像の設定項目がない(代わりにピックアップ記事のアイキャッチが表示される機能がある)

・ヘッドスライダーがない。

・メニューの階層が作成できない?(バグ?仕様?)

上二つはカスタマイズやプラグインでなんとかできると思うのですが、メニューの階層が作れないのは?でした。

それでもデザインがよくなり、表示も早くなったので、大満足です!

企業ページからWebマガジンに変更した理由

ここで、リニューアルで考えた今後の方向性をお伝えしたいと思います。

大まかな方向性としては、「お寺のWebマガジン」として再出発することにしました。

「Webマガジン」とは、ネットで読める雑誌のことです。

 

変更しようと思ったのは、今までのサイトはコーポレートサイト(企業ページ)を意識して作っていたので、いかにもホームページ!という感じで、面白くなかったのが大きな理由です。

お寺のサイトなので、それでいいのかもしれませんが、ブログの更新やカスタマイズに慣れてくると、ぼくのやりたいことを表現しきれない感じがしてきたんですね。

それと、お寺お寺していると、書く内容もしばられる感じがしました。あらかじめ決まった枠内でしか文章を書けないなという感じです。

なので、外側(デザイン)から変えて、自分の心理的なハードルを取っ払うことにしたのです。

ファッションなんかでも洋服を変えることで気分はずいぶんと変わりますからね。

 

そして何より、サイトを訪れてくれる人が見ていて楽しくなるようなものは何だろう?と思ったことも「Webマガジン」にしようと思った理由です。

 

※詳しくはこちらの導入ページに書いてあります。

 

サイト&ブログカテゴリーをユーザーファーストで再考しました。

また、リニューアルに合わせて、サイトの構成も考えなおしました。

主にはユーザーファーストで見に来てくれる人を意識して改善していきました。

以前のサイトは何も考えずにページを増やしたり、ブログのカテゴリー分けをしていたので、全てのページを巡回しなくては目的のページにたどり着けないなど、見に来てくれる人に負担がある形になっていました。

そこで、改善策として、固定ページをまとめたり、固定ページに書いていたものをブログ(投稿)に移したりして、すっきりさせました。

 

その中で、苦労したのはカテゴリー分け。

Lion mediaでは、トップページにカテゴリー別の最新記事を表示させる機能があるので、それを生かすため、カテゴリーを再考したのですが、ここに結構時間がかかりました。

気を付けたのは、お寺の常識と世間の常識は違うということを念頭に置き、分かりやすい言葉を使うように心がたこと、そして、ここでも見に来てくれる人を意識することでした。

 

またカテゴリーの表現も悩んだのですが、「書店で本を探す時って、だいたいコーナーごとに探すよね」と思ったことがヒントになりました。

書店に入って、目的のものがある場合は〇〇コーナーへ行って、自分に合う本を探しますよね。

つまり、コーナーは自分の興味のあるジャンルがある場所であり、自分の中の答えを探すための道筋になるものです。

ならば、本がお寺とするならば、お寺に興味のある人も同じく目的別に記事を探すだろうなと思ったのです。

 

その結果、現在のカテゴリーを以下のようにしました。

お知らせ
おすすめの本・書評
お寺を知る
お寺ライフスタイル
ファッション・雑貨
仏事作法
体験・学ぶ
僧侶のしごと
地域・まち
未分類
法話
私の思考・その他
運営ヒント

ここで気を付けたのはサイトを見に来てくれた人が欲しい情報をイメージしやすくすることでした。

具体的に例を示すと、以前は「お寺の外で行うイベント」と、「賢明寺で行う行事」というカテゴリーを設定していました。

けれど、これはお寺側にとってはわかりやすいのですが、情報を知りたい側からすれば、どうでもいい情報です。

内か外かというのはあまり意味を持ちません。

それよりも、「このお寺では何ができるのか?」という思いに応えることが重要です。

例えば、テレビでヨガ教室を見た人がいたとして、その人がグーグルで検索し、賢明寺のホームページにたどり着いたとします。

そこで、新しく設定した「体験・学ぶ」というカテゴリーを目にするわけです。

そのカテゴリーをクリックすれば、賢明寺で行われた「お寺ヨガ」の情報にもたどり着けるでしょうし、次回の開催情報を調べるかもしれません。(たいていの場合は記事への直リンクをたどるでしょうが、分かりやすい例として示しています。)

また、「体験・学ぶ」カテゴリーは同じジャンルの記事も多いので、ヨガ以外のお寺での体験や学びに興味が出てそちらの記事を見てくださる可能性もあります。

そういうところから、見に来てくださる方を考えたサイト作りはとても大事なのです。

お寺側の考える「お寺の外で行うイベント」「賢明寺で行う行事」では、お寺になじみのない方にとっては、イメージしにくいですからね。

 

●カテゴリー「体験・学ぶ」

 

●賢明寺お寺でヨガの記事(2018年1月24日現在、「体験・学ぶ」の2ページ目に出てきます。)

まとめ

そのような感じで、リニューアルしていった「お寺ライフスタイルマガジン OTERA LIFE. web」

今回は少し専門的な話も出てきてしまいましたが、今後も楽しい情報を発信していければと思いますので、よろしくお付き合いのほうをお願いいたします!

お寺さんの情報発信がもっともっと活発になるといいな。

 

 

お寺ライフスタイルマガジンとは?

CTA-IMAGE 福岡県豊前市にあるお寺が運営するWebマガジン『OTERA LIFE.WEB』 いったい、どういう思いで作られているのか?その思いにお応えします。

お知らせカテゴリの最新記事