時事ネタ満載!おもしろいと好評の「上毛組伝道ポスター」制作の裏側

時事ネタ満載!おもしろいと好評の「上毛組伝道ポスター」制作の裏側

先日こんなことがありました。

 

日頃、仲良くさせていただいている方と、あるイベントで一緒になった際。

その方が嬉々としてスマホの画像を見せてきました。

(ちなみに、この方はぼくの「おもしろ好み」を把握しているので、色々とおすすめしてくれます。)

 

「ねえねえ!こんなのがあったよ!」

と、スマホの画面をのぞき込むと、映っていたのはお寺の掲示板。

そこには、

『前前前世からの救い、君の名は?ナモアミダブツ』

とありました。

面白かったから写真を撮ったとのことで、ぼくに教えたかったということでした。

 

しかし、ぼく。

「あ、それ、ぼくたちが作ってるやつです。」

 

掲示板を教えてくれた、その人はぼくの言葉を聞いて驚きつつも笑って言いました。

「おもしろいと思ったから、撮ったんだけど…。まさか、仕掛けている本人とは!」

 

…という先日のエピソード。

制作者の知らぬところで、じわじわと広がっているようです。

 

今回はそんな、好評をいただいている『上毛組伝道ポスター』についてお話します!

上毛組伝道ポスターとは?

「上毛組伝道ポスター」というのは、浄土真宗本願寺派のお寺のグループ上毛組の広報部(ぼくもメンバー)で作っている伝道ポスターで、主にお寺の掲示板や民家の壁などに張ってもらい、それを目にした人に仏様の教えを味わってもらうために作っています。

具体的な狙いとしては次の通り。

・仏教(浄土真宗)の教えを味わってもらう。知ってもらう。

・お寺に入るきっかけに。

・そのまま張れば、お寺さんの掲示伝道の手助けに。

最近では、SNSなどで広がってほしいなぁという、思いもあります。

 

ちなみに、2018年(平成30年)のポスターの内容は次のようになってます。

1月 1ダホー 衆生一人 弥陀一仏

2月 with A

3月 弥陀の辞書に「見捨てる」はない

4月 み光に 照らされ輝く プレミアムエブリデー

5月 百行は一信にしかず

6月 呼ばぬなら 呼ばせてみせよう ナモアミダ

7月 ググっても 答えは出ない 生死出づべき道

8月 前前前世からの救い 君の名は? ナモアミダブツ

9月 NEVER ENDの 命たまわる 南無阿弥陀仏

10月 親(ミダ)の心 子知らず

11月 そうだ お聴聞 行こう

12月 吾輩は凡夫(ヒト)である 自覚はまだない

おまけ NO念仏,NO LIFE.

こちらでも紹介していただいています

外部リンク
>>>攻めてます、伝道ポスター 広島のみんなのお寺 わたしのお寺 善通寺 より

伝道ポスターの特徴は?

この「上毛組伝道ポスター」の特徴ですが、

・たて54センチ、よこ40センチのA2より少し小さい、お寺の掲示板に合わせたサイズ。

・12か月のカレンダー形式(月めくりカレンダーという感じ)

・1ヶ月に一つのことばを掲示できる

・表紙以外は月の表示を入れずに、好きな時に好みの言葉を張れる

となります。

現在は11月~12月ごろから申し込みを受け付けていますが、おかげさまで、毎年完売しています。

全国のお寺や民家に500部ほど掲示してもらっています。

制作過程は?

9月ごろから会議を重ね、12月の完成を目指します。

アイディアを出し合い、1年分、12ケ月分のことばを選定して意訳を付けていきます。

ことばが出そろったら内容を住職会議にかけます。

OKが出れば、清書と英訳を依頼し、印刷会社に注文し、梱包して発送しています。

どんなメンバーが作っているの?

この「上毛組伝道ポスター」はぼくたちのずいぶん前の先輩の頃から作られてきたようです。

現在では、上毛組の若手が中心になって制作しています。

制作メンバーの年齢は主に30代で、広報部の部長が40代とお寺の世界ではかなり若い方です。

ことばの傾向は?

ここ2年ほどは、上毛組内の体制が変わったこともあり、「よりわかりやすく、より興味を持ってもらえるように」制作しています。

上記でお伝えした通り、若いメンバーによって作られているので、発想も豊かです。

時事ネタや、ことわざのもじりなど、ユニークで勢いのあることばが出てきます。

 

会議では毎回笑い声があがり、それはさすがに使えんやろ。というものもあります。

けれど、面白い言葉であっても仏様の言葉を味わってもらうことが最終目標なので、面白いことばに乗せてどういうものを伝えるのかというところは一生懸命に考えています。

まとめ

そんな、「上毛組伝道ポスター」ですが今年ももう間もなく来年2019年に向けた制作会議が始まります。

 

どんな会議になるのか?

来年はどんな内容になるのか?

ぼくたちもまだわかりませんが、おそらくきっと楽しい内容になることでしょう。

 

もし、お寺の掲示板や街角で見かけたときは、「これがあのポスターか。」と、思い出してくれると嬉しいです。

それでは!また!

▼合わせて読みたい>>>阿弥陀様feat.安室奈美恵「NEVER ENDのいのちたまわる南無阿弥陀仏」意味を解説

▼合わせて読みたい>>>アナログ版Twitter!?輝けお寺の掲示板大賞2018に応募しよう!

お寺ライフスタイルMagとは?

CTA-IMAGE 福岡県豊前市にある賢明寺が運営するWebマガジン『OTERA LIFE.WEB』 いったい、どういう思いで作られているのか?その思いにお応えします。

仏教goodsカテゴリの最新記事