福岡県豊前市のお寺が運営するWebライフスタイルマガジンです。

カフェを楽しむとは、時間と空間を楽しむこと。では、お寺は?

カフェを楽しむとは、時間と空間を楽しむこと。では、お寺は?

いきなりだが、お寺とカフェについて考えてみよう。

コンビニよりも多いと言われるお寺。
けれどもその数に反して、お寺は多くの現代人にとって、気軽に行けるコンビニより馴染みがない場所だ。
その実、悲しいかなお寺の数は年々減ってきている。
必要とされていた時代があったけれど、今は様子が変わってきているということだろう。

一方で街にあふれるカフェ。
チェーン店から個人経営まで。
かぐわしい香りとおしゃれな雰囲気は人々を惹きつけられる。
実際にカフェは都市や田舎に関係なく、入りやすく人が集まる場が自然とできている。
このカフェというものは現在進行形で、街の人に受け入れられているのではないだろうか?

受け入れられている要素として、「楽しさ」があげられる。
楽しくないと人は集まらないからだ。

では、その楽しさとはなんだろう?
カフェを楽しむとはどういうことになるだろうか?

ちょっと考えてみよう。

カフェを楽しむとは?

カフェと言えば、コーヒーだ。

「カフェ=コーヒーを飲むところ」であるならば、このコーヒーを味わいつくすことがカフェを楽しむということになる。
コーヒーを目の前にし、その黒い汁をまじまじと見つめ、香りをかぐ。そして、おもむろに口に含み、舌でその苦みとコクの奥深さを味わう。
そして、その価値に満足して、お金を払って帰る。まあ、カフェに来てそれだけをして帰るのは、これからコーヒーショップを開業しようとして研究している者か、よほどのコーヒー好きだろう。

それもカフェの楽しみの一つだが、カフェを楽しむという全体を表しているわけではない。

 

これはカフェを楽しむというより、コーヒーを楽しむということになるだろう。
もちろん、カフェなのだから、コーヒーを楽しんだっていい。
ぼくが言いたいのは、カフェの楽しみ方はそれだけではない、ということだ。

想像の中のコーヒーショップ

ちょっと、イメージの中のコーヒーショップに場面を移してみよう。

店に入り、カウンターでお気に入りのコーヒーを注文し、席に着く。
少し周りを見渡してみると、老いも若きもコーヒーショップにつどっていることがわかる。

窓のそばには、友人と笑顔で会話している若い女の子たち、はじけるような笑い声が若さを物語る。
その横にはパソコンを広げて仕事をしているスーツ姿の男性。なんだか、いそがしそうだ。

近くの席に目をやると本を読んでいる眼鏡女子。家に帰るまで待ちきれなかったのだろう。真新しい「〇〇書店」と書かれた紙袋がテーブルの上に口を開けて置かれている。

奥の席には恋人同士だろうか、コーヒーもそこそこに、手をつないじゃったりなんかして、まーまーまー。コーヒーが冷めるどころか、熱々ですね。

そんな中で、ブログを書いているカジュアル姿のお坊さん一人。これは、ぼくだ。

まあ、この描写は現実半分、妄想半分なんだけど…。

つまるところ、カフェという場所では、人々は様々な過ごし方をすると言える。

カフェを楽しむとは?結論

では、カフェを楽しむとは、いったい何なのだろうか?

それは、思うに「カフェという空間でそれぞれの時間を楽しむこと。」それがカフェを楽しむということなのではないだろうか?

カフェではこうでなくてはならない、という過ごし方はない。
思い思いの過ごし方をしていいし、それこそ、コーヒーを研究するようにじっくり味わってもいい。
もちろん、そのベースには居心地のいい空間や、おいしいコーヒーがあることが前提だ。

その空間では人は自由だ。
人々はそこに価値を見出しているのだ。

でも、実は自由といっても人は「カフェ」という空間のルールの中で楽しんでいる。
カフェをカフェたらしめる要素とでも言おうか。その中で人は楽しんでいるのだ。

だから、何をしてもいいというわけではないが、縛られている感じもしない。
人はルールや空間にある程度の広さがあれば、自由と感じるのかもしれない。

ぼくは思う。
お寺もそんな自由な空間であって欲しいと。
むしろ、そんなお寺こそがこれから必要とされているのではないかと思う。

「お寺って楽しい。」というような声が聞こえてくる、そんなお寺が増えていけば、きっと未来は明るくなる。

 

「古くて新しい」おもしろいお寺に行ってみませんか?

お寺ってどんなところ?何をしているの?誰でも行っていいの?福岡県豊前市にあるお寺「賢明寺」けんみょうじについて紹介しています。

アイディア・コラムカテゴリの最新記事